【Slide Sonic】すべてのエンジニアに捧ぐ表現トレーニングを考えてみた。

f:id:touzou:20190316220752p:plain

 

自分のアイデアやイメージを、思うようにうまく伝えられないよ~という方へ


My Idea Books No.3 

3つめの今回はビジネスアイデアではなく、勉強会やセミナーでやってみたいなあと思いついた、イベント向けのネタです。

 

自分の頭の中では色々と考えるし、思い付く、けどけど、それを誰かに伝えるのがうまくいかないんだよね〜

て人、たくさんいると思います。


プランナーとして仕事してる僕もそうです。

タイトルには“エンジニアに捧ぐ”なんて書いてますが、こう書いた方が刺さるかなと思って、というのと普段お付き合いしているのがエンジニアさんだから、というだけであって、このトレーニングは全職業の方に有効かと思われます。

(まだ一度もやってないから保証はない)

 

 

最近はチームマネジメントの役割も加わり、頭をこねくり回してます。

どうマネジメントすりゃあいいんだ〜〜〜( ´Д`)y━・~~ と。 

そこに

上司からの一言。

“そもそもマネジメントする必要あるの?”

 

???

 

 

余計悩む。

その一方で、限りある時間が顔色を変えず過ぎていく。

酷なものです。

だから僕は考えました。

これはトレーニングするしかないと。

 

 

限られたリソースで、最大限の結果を出すトレーニング。

暫定的なものでいい。

じゃあなく、暫定的なもの“が”いい。

 

時間をかけたとして、最初から完璧なものができるわけじゃありませんよね。

時間を区切って、もがきながら及第点レベルを、繰り返し作っていく。

 

その結果であればこそ、目指していたものを作ることもできる。

 

 

スライド内ではまた別の目的を説明している気もしますけれど、こんなところも目的の一つです。

見て、そして実践していただけましたら嬉しいです。

 

 

アイデアのスライドはこちら

 

お知らせ

京都でITもくもく会を主催してます。

主催している勉強会 MIT(みやこでIT)でもやりたいなあと思ってます。

お気軽にご参加ください!

mit.connpass.com