憧れの人と大根

f:id:touzou:20180817002614j:plain

 

街を歩いていて、

あっ!!●△×さんだ!

まさかこんなところで会えるなんて・・・

 

 

と、思いがけないふとした遭遇に心ときめかせているとき。

バッグから顔を出す大根。

大根。

 

いつものおしゃれなバッグでは高さが足りず、閉まりきらないチャックからわずかに見える大根。

日常の私生活を思わずにいられなくなる。

 

大根はいったいどう料理するのだろうか。

そもそも料理するんだっけ。

料理するにしても、大根だけ買うの?

大根おろしだけでご飯食べる・・・?

もしかして同棲していて、おつかいを頼まれた?

料理に使うとは限らないよな・・?

 

 

その人への憧れが強ければ強いほど、その大根は暴力性を増してああでもないこうでもないと余計な妄想をさせる。

天上にある彼彼女のイメージを、とんでもない引力をもって自分と同じ地上へ引きずり下ろしてくる。

そんな力がある。

 

f:id:touzou:20181003215419p:plain