内面は夜に隠され、不透明な奥行きが現れる

f:id:touzou:20180817002614j:plain

 

 

鴨川でぼうっと、月を眺めていると、気づく。

水鳥のシルエットが時たま浮かび上がる。

正体不明の虫がパタパタと空を飛ぶ。

 

はてあれは何だろうか?

知りたくなる。

その正体を、そのシルエットの向こう側を覗きたくなる。

どんな鳥も虫も、月の下にいるものはみな奥行きのあるように見える。

いま目に移るその向こう側に、広がっているであろう何かを知りたくなる。

暗闇に光るネコの眼のような、キラッとしたものが見たい。

 

 

 

知りたい。知りたい。知りたい。

逃さないように、急いで飛びついて捕まえてみようか。

 

 

いや、いけない。

そんなことをすれば彼らはずっと黒のマントを羽織ったまま、拒絶の仮面を被ってしまう。

そうして、今後、その先を知る喜びは、それを得られる機会は、永遠に失われる。

 

 

待つのだ。

じっと堪えて、その時がやって来るまで。

あるいは、パンでも買ってきて彼らの興味を引く。

そう、これまでとは一変して、彼ら側からの興味の視線がこちらに向いてくる。

そう、そう、そう、慎重に。

 

 

その内に自分の興味がなくなってしまったなら、それはそれでいい。

どうってことなかったということで、いい。

その時はその時でまた他の面白いことに目が向いているはずだ。

 

 

内面は夜に隠され、不透明な奥行きが現れる。

僕の鼻から出て行く白い煙だって、5秒もしたらどこかへ消えていってしまう。

(煙に奥行きはあるのか?)

なんとも巨大な、1000mもありそうなプールが見えて、興奮して飛び込んだそこは水のない空っぽのプールで、寂しく残念な想いをすることはある。

何にもなさそうな砂漠に、一輪の飛び切り綺麗な花が咲いていることだってある。

夜に艶やかに舞う虫も、光を当てればその正体は蛾であることだってある。

 

なんだって、ある。

なんだって、あるのだ。

だから、見てみる。ひとまず、見てみる。

それからそれから。

 

夜に隠された繊細な内面は、ふいに壊れることもある。

慎重に、慎重に。