黒について

f:id:touzou:20180817002614j:plain

黒について

美しい暴力

こんな言葉をどこかで見聞きしたような覚えがあるけれど、これは“黒”という最高に官能的な魅力を湛えた色にこそふさわしい。

 

“黒”は暴力だ。

世界に散らばるあらゆる色を統合した色。

全てを飲み込んだ色。

いくらでも吸収してしまうのはなぜか。

まばゆい銀河の装飾を身に付けた神秘ー宇宙へと繋がっているから。

 

宇宙の色、空の夜の色が黒いのは地球の黒を飲み込んでいるから。

僕らの夜は、自分たちが生んだ黒に覆われている。

支配されている。暴力だ。

しかしその暴力には銀河があり天体があり星がある。黒の中で光り輝く。

人はそれを見て美しいと言う。

「今夜は月が綺麗ですね」と言う。

そうして、愛を語り情の動きを誘う。ロマンがあり官能がある。

 

黒とはそういう色だ。

美しい黒はどんな色にも勝る。