夏の前日 秋の初夜 冬の街灯 春のソプラノ

f:id:touzou:20180817002614j:plain

 

夏の前日 秋の初夜 冬の街灯 春のソプラノ

夏の前日。

美大生の男が主人公の恋愛漫画。

内容ももちろん好きだけれども、このタイトルこそどうしようもなく好きだ。

 

そんな“夏の前日”に比肩するその他四季表現を考えた。

 

 

夏の前日

 

秋の初夜

 

冬の街灯

 

春のソプラノ

 

 

 

○夏の前日

これから始まる本格的な暑さを前にした、冷感の入り混じった夏の前奏曲。

 

○秋の初夜

季節のすき間に、線の細い音楽が横切る。

水彩で描かれた太陽の上に、一滴の水が落ちる。

 

○冬の街灯

冬の街灯は、見られない、冬の街灯越しに、何かを見る。

見たいものを見る。街灯はそこにあって、透明なもの。

 

○春のソプラノ

届かない声も届けようと、高く高く飛ばそうとする。

細く、軽く、薄く、遠くへ、夢見心地の中で、眠る。

 

 

漫画描きたい。