【名曲喫茶ライオン】クラシック音楽(芸術)はヌード(エロ)とともにある

f:id:touzou:20180817002614j:plain

 

【名曲喫茶ライオン】クラシック音楽(芸術)はヌード(エロ)とともにある

おととい、ヤフー大阪主催のLT会に参加してきた。

※LT=Lightning Talk 5分以内の短いプレゼンのことを言うらしい。

 

そこで、こちらの過去記事を材料にして話した。

 

www.tobiagattasakana.work

 

 

 

LTの趣旨

 

・クラシック音楽は敷居が高い・・・

・自分には関係のない世界?

・聞いてもわからない・・・

 

 

いいえ、そんなことはないんですよ!

と伝えたかった。

というのが今回の趣旨。

 

 

【名曲喫茶ライオン】を引き合いに出した理由

 

クラシック音楽好きとしてはたまらないほどの、

・雰囲気

・リクエストへの丁寧かつ的確な対応

・圧倒的な楽曲数

・スグレモノのスピーカー

 

 

を有する、

 

“クラシック音楽:名曲喫茶の聖地”

 

とも言うべきこのお店の立地にこそ、

【現代人】と【クラシック音楽】の超えられない(ように見えてしまう)距離を埋めるヒントがある。

こう考えたからだ。

 

プレゼンでは、GoogleMapを活用して、百間店の入り口(鳥居)からライオンに到るまでの道筋を紹介。

ストリップ劇場や風俗案内所があちこちに見える、しかも道が割と細いからそれらに囲われながら(あるいは誘惑されながら)ライオンを目指すことになる。

 

これ。

ただシンプルに、そしてストレートに、クラシック音楽の古典としての価値・面白さを紹介したところでなかなか伝わらない。

LTの持ち時間は5分であったことも含め、普通のやり方では結局何も伝わらないままに終わってしまう。

こう考えた結果、ヌードという切り口を持ってきたかった。

こんな側面もあった。 

 

 

クラシック音楽(芸術)とヌード(エロ)の耐えられない近さ

アメリカ合衆国の心理学者

アブラハム・ハロルド・マズロー氏は、人間の欲求を5段階に分けましたね。

そのうち、土台となっているものが【生理的欲求】。

 

この【生理的欲求】の構成は、以下の通り。

・食べる

・飲む

・寝る

・セックス 

 

 

【セックス】

 

そう、【名曲喫茶ライオン】が現代人に突きつけている真実とは、

 

芸術と性欲は近しく、互いに切り離せない存在である。

そしてその性欲とは、マズロー氏の示すように人間欲求のいちばんの土台、ベースとなるものである。

 

すなわち、

 

性欲=人間の本質=芸術

 

ということ。

 

つまり、「こんなセックスが好き」ということからその人の個性や本質が見えて来ることと同じように、「こんな芸術が好き」ということからもまた、ある人間の人となりが表れてくる。

 

 

クラシック音楽(芸術)は、自分を知るための大きく太い道

ここまでの論理展開、まあまあアバウトなところもありましょう笑

クラシック愛好家やライオン愛好家の方の中には、「ふざけるな!」と怒る方もまあいるのかもしれません。

 

けれどね、クラシック音楽(芸術)が自分に訴えかけてくるものに寄り添うということこのことは、いわゆる自分探しの一つの道なのだと思うのですよ。

 

表面的ではない、自分の奥深くへ辿る道。

クラシックをはじめとする芸術一般が分かりにくい、とか響いてこない、とか思われてしまいうのは、これらの目指すゴールの深さにある。

何回も何回も、繰り返し繰り返し聴いて、見て、悩んで、また触れて、ということを繰り返した先に、陶酔がやってくる。

この一連の流れは、性欲解放も同じことが言えるでしょう。

 

 

芸術家や芸術愛好家に変態が多い理由

 

こんなところにあると思う。

芸術も性欲も同じフィールドにあって、なおかつ密接に繋がっているのだから、どちらか一方だけを掘り下げられるなんてことがないんじゃないか。

芸術を掘れば性欲が、性欲を掘れば芸術が自然とついてくる。

 

というよりも、どっちも一緒にやった方がいいんじゃない?

ということで、ええい!!とやった人の方が多い気もする。

 

 

実体験として、音楽や絵をやっている仲間に変態やエロは多い。

大学時代は、はてこれはどうしてなのかとずっと悩んでいたけれど、まあこういうことなんだろうということを【名曲喫茶ライオン】が教えてくれた。

 

*オーディエンスの反響

発表後すぐに休憩入り。

40代半ばの男性が隣に座り、

「良かったです。そして私はハイドンが好きです。」

と声を掛けてくれた。嬉しかった。

 

LT会後の懇親会においては、酒を飲みながらジャズや吹奏楽のことなど、クラシックに限らない音楽のあれこれを話した。

ジャズの話ではカウボーイ・ビバップの話題でも盛り上がり、個人的にとても有意義なイベントになった。

 

以上、

【名曲喫茶ライオン】クラシック音楽(芸術)はヌード(エロ)とともにある

でした。