番台のおじさんと女の子

f:id:touzou:20180817002614j:plain


 

近所の銭湯でお風呂を楽しんだ後、ロビーでビールを飲んでいた。

銘柄はたった一つ、アサヒだった。

風呂上がりの身体が、キュッと引き締められた。

 

5歳くらいの女の子が、番台のおじさんと話していた。

 

女の子

「おじさんの顔、ミルクティーみたい!」

 

おじさん

「どうして?ミルクティーってなにか知ってるのかい?

 紅茶にミルクを入れたものだよ。砂糖もかな。」

 

女の子

「知ってるよ!

 触ったらベタベタするでしょ?おじさんと一緒!」

 

おじさん爆笑

 

子どもの発想力にかかれば、大英帝国のアフタヌーンティーが

“おじさんの肌”

と結びつけられてしまう。

結合点は、“べたべた”。

 

感心しながら、辛口でのどごしスッキリのアサヒスーパードライを飲み干した。