翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

いつの間にか雑記ブログ((´∀`))

生け花がわからない

f:id:touzou:20171207132523p:plain

日曜のお昼。

烏丸で開かれた生け花展に彼女と出掛けた。

 

所狭しと、生け花の作品が展示されていた。

「おっ」と感じたものは写真に撮ったりしたが、総合的な感覚だともう何がなんだかわからない。

タイトルがあって、それを表現しているのだなあと頭では分かってもどうも腹落ちしない。

そんなことばかりが続いた。

 

 

生け花は、彼女が習いに行っている。

何か習い事でも行ってきなよ、とけしかけたところ生け花を選んだ。

だから、彼女が教室に行った日はその日の作品を持ち帰ってくる。

すると花を部屋に飾ってくれる。見る。

毎日見る。

けれど、見れども見れども分からない。

 

 

生け花は宇宙だ。山だ。森だ。

とかなんとか、今日も説明があったけれども、それを感じることができないのはなぜだろうか。

絵や音楽やコーヒーなら多少理解しているつもりである私が、生け花はさっぱり入ってこない。

どこに入り口があるのだろう。

これを探り当てることが出来たなら、また少し世界が広がるのだろうと期待があるものの、その予感を掴めないでいる。

山とは充分親しんでいるはずなんだけれど。

こういうところが、頭が固いと言われる一つの理由であるようには思う。

 

 

まあ、そのうち分かるようになる日が来るのです。

クラシックも、絵もコーヒーも、なんでもそうでしたから。

じっと、見つめて眺め飽きた頃にふと何か気が付くのでしょう。