アンティークとはなんだ!?

f:id:touzou:20180817002614j:plain



 

私はいま、アンティークと呼ばれる物を何点か所有している。

スイスの腕時計、フランスのカギ、イタリアのピューターグラス、銀で作られたモチーフのある美術品・・・

(カギはどこにも使えない)

(モチーフは本物の銀であるのか、疑わしい)

 

なぜ、アンティークの物が欲しくなるのか。

なぜ、これらの物はいま私の手元にあるのだろうか。

 

 

今まで考えたこともなかったが、アンティークの物を持つということはなかなかリスキーなことであるかもしれない。

というのは、その物によっては何人もの所有者を渡り歩いてきたわけで、とすればその中にはなかなか際どいような人がいた可能性がある。

そんな物を持っている、あるいはいつしか持つことになるかもしれない。

 

 

またしても物にも心があると考えるならば、そうした物はいわゆる”いわくつき”な物であるとも言える。

そんな物を持って、その所有者は幸せになれるのかというと、はてどうだろう。

ところが、そんな心配は解消される見込みがない。

古い物であればそうであるほどに、かつての所有者を遡っていくことは困難になる。

 

私が質流れの品が好きでないというのも、ここに理由がある。

質流れ商品に、清らかな経歴の持ち主が果たしているものだろうか。

 

 

 

アンティークショップに行くことが好きだ。

幸いにも京都には多くのショップがあって、越してきたばかりの頃は休みのたびに店を回ったものだった。

 

アンティークショップは、どこの店でもそれなりにざわついている感覚がある。

人が、bgmが、周囲が、騒がしいわけではない。

多かれ少なかれ、様々な経歴を所有するアンティークグッズがきっと、店内のざわつきを作り出している。

 

 

どんなことであれ、ひとつひとつの物がなにかをつぶやいている。

きっと私がいま手にしているアンティークは、それが感覚的にぴったり合ったのだ。

 

 

時計は今でも動いてくれている。

どうしてこれを選んだのか、特に理由はなく、なんとなく気に入ったからだ。

いつだって、身に付ける喜びをくれる。

(雨の日や湿度の高い夏は外に出せなくなる。)

 

グラスも今でも使える。

ピューターグラスで飲むものはなんでも、角が取れてまろやかな味わいになる。

それが楽しい。

(キリっとした味わいが売りのビールはこれでは飲めない。)

 

 

カギは、使えない。

そもそも、どこのカギかさえ分からない。

ではなぜ買ったかというと、サルバドール・ダリがカギからインスピレーションを得ていたと知って、なんとなく笑

まあ、ダリはスペイン出身であるのにカギはフランス出身なのですが。。

 

 

美術品は、飾っていない。

なんとなく。

 

 

新品の、まっさらな物を持つよりも、心が惹かれたアンティークの物を持つ方がその喜びは大きい。私はそう感じている。

中古ではない。

中古ではなく、アンティークがいい。

私が古着が好きでないのは、これはなぜなんだろうと思うがその答えはまだわからない。

 

 

アンティークは、意気揚々と探し回って買うものではない。

外国に行ったときに不意に見つけたり、ふらっと立ち寄った店で目に入ってきたり。

そんなときにこそ出会いがある。

それが一番の楽しみなのだ。

 

アンティークの楽しみを、これからさらに見つけていきたい。

 

 

先ほど、疑わしいと書いたのがこちらです。

f:id:touzou:20180310160621j:plain

 

購入場所は、ヴェネツィア。

ヴェネツィア本島の中央よりやや東の位置にある、広場にてフリーマーケットが開かれていて。

魅力的なものがずらりと並んでいた中、これが目に付いた。

 

「むむむ・・・」と見ていると、持主のおばさんが

「これ、本物の銀だわよ」

と言うじゃないですか。

 

「ええ~~?本当に??まさかなあ」

「いいえ、本当なのよ。ほら」

と、やたら主張してくる。

そこからは、イタリア語も混じってしまい私の耳では聞き取れなかったが、おばさんが嘘を言っているようにも思えず、またこの作品にどこか惹かれたことは確かだったから、購入することに。

確か、20か30ユーロ。

 

それから2年経つが、これは偽物ではないかという疑いは晴れていなかった。

しかし。今日になってようやく調べてみると・・・

本物の可能性が高いことが分かった。

その理由は、こちら。

 

f:id:touzou:20180310160635j:plain

 

作品の右下に、小さく

「925」

と彫られていることがわかる。

 

 これは、92・5%の銀が使われていることを示している。

 

本当は、もっと徹底的に薬品をかけたり磁石であれこれしてみたいところであるが、そうするとこの繊細な作品を損なう危険がある。

というわけで、あとは誰か専門家に聞いてみるでもしなければわからない。

 

誰か詳しい方いましたら、教えてください!