翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

仮想通貨投資劇場:みなさん、焼けてますか~~^^

f:id:touzou:20171230125828p:plain

や、やけりゅ~~~~~~~(^ω^)

ツイッターでお馴染みの、仮想通貨が暴落しているときのアレです。

合言葉、とはまた違ったようなものですが、これ見ると楽しいですね笑

資産が溶けるなんて表現はぬるい。

我々は、焼けているんです。そしてこれを共感し合えるツイッター。うん。

 

昨日、一昨日の大暴落はこれまたひどいものでした。

しかし、こういう時にまた面白いことを思いつく人もいるんです。

 

 

 

焼け野原しんのすけww

私は、こういうエンタメがないととても投資を続けられません。

 

 

さて、昨日一昨日に大暴落したのは何も仮想通貨に限ったことではありませんでしたね。

株、為替も揃って悲鳴をあげていました。

 

 こちらは株の記事。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 こちらはドル円の日足チャートです。

f:id:touzou:20180207125215p:plain

米ドル/円チャート日足│FXを始めるなら外為どっとコム

 

こんな状況だから仮想通貨の暴落も仕方ない、と言えばそうなのですがそれだけで片付けられる話でもないですよね。

しかし投資家が全体的にリスクを抑えるような動きになっていることは事実。

こういうときは「金」がよく買われます。避難先として。

そう、株、為替、仮想通貨から抜けていったお金はさてどこに行ったのか、とこのお金の出先をサーチすることはとても大切ですよね。

 

それが単にフィアットになったのか、はたまた金なのか、国債なのか、とか。

「出来高が減ったね」の一歩先を常に見ていたいものです。

 

 

 

さて、ではでは。

われらの仮想通貨はこの先どのように動いていくのでしょうか??

 

 

昨日、アメリカの議会において仮想通貨の公聴会が行われました。

そこで何が話されたかといいますと、

”仮想通貨と今後どのように付き合っていくか”

についてです。

 

以下結論

  • 規制はもちろんしていくものの、否定的にするものではない。
  • ブロックチェーンが切り開く未来について好意的である。

 

このようなことがアメリカ証券取引委員会の委員長であるジェイ・クレイトン氏によって述べられました。

 

現在のこの荒れた相場には嬉しい追い風だったように感じました。

しかし。

この公聴会での発言が期待されていた、ある重要な事柄は出てきませんでした。

それは・・・

 

テザー=usdt 問題

 

先日もブログでお話しましたが、このテザー問題はその実態がどうなっているのか早急に解明されなければなりません。

 

でなければ、仮想通貨の投資家はいつまでも時限爆弾を抱えたまま。

冷や冷やした気持ち悪さが続きます。

 

 

私の考える論点はこちらです。

  • テザーの担保とされるべきusdは、発行したテザーに見合う分だけ保有されているのか
  • btcの価格上昇とテザー発行のタイミングが重なることがしばしばあったが、ここに相関は認められるのか
  • 1月に監査法人が突然契約を打ち切ったようだが、それはなぜか。

 

ツイッターを覗いていると、14日に改めてテザーについて追及される?という情報もありますがこちらはまだ不確かです。

しかし、近いうちに解決されなければならない問題であることは確かなこと。

 

アメリカ主導で、仮想通貨の枠組みを作っていくのであれば、国によって損失を最小限に抑えながらなんとか解決してほしいところです。

そもそもテザーが白であれば何も問題ないのですが。

 

 

そしてテザー以外にも仮想通貨界に影を落としているものー

コインチェックですね~~

一応は今月13日に答えが出るものの、その答えは果たしてどんなものになるのか。

 

 

13日を迎えた時の相場への影響はどうなるのでしょう。

すでにここへの期待感は薄れている現状では、仮に

返金はできません。倒産します。

となったところでそれはすでに織り込み済みとなる可能性もあると考えられます。

 

 

ですから、ここで注意したいのはこの逆かもしれません。

万事好転するような報告が上がった時。

この時はきっと買いに走るのでは?と考えます。

 

その他の懸念材料としては

  • 中国の春節
  • 3月のG20

ですよね。

 

春はまだまだ遠いですね。

ユーミンの「春よ来い」を聴いて春を待ちましょう。

 

ps

アメリカはすでに議会の場において

仮想通貨やブロックチェーン

を認め、推進するような話を進めています。

 

あれ、日本は( ^ω^)・・・

 

仮想通貨先進国

と呼ばれていた日本ですが、議会ではいまだにモリカケ問題をやっていると。

♪♪♪日本の未来は明るい♪♪♪

 

本当に、本当にそんなんでいいのか、と。

先日実家に帰省した時にテレビを見ました。

国会中継を見ました。

沖縄の幼稚園や学校の安全について熱心に考え、防衛大臣や外務大臣に論理的な質問を投げかけている女性議員がいました。

 

しかしその返答ときたら、

「内部で鋭意議論している」

「アメリカと共同でほにゃらら」というものばかり。

女性議員も呆れ果て。そんなこんなで時間が過ぎていく。。。

 

こんなもんですから、仮想通貨の議論なんてできるわけがないというのもまた納得しました。

 

パソコンのosで覇権を奪われたように、仮想通貨もまたその道を行くのでしょう。

日本に素晴らしい技術があったのに。

とあれば、日本はアメリカ様の作ったルールに追従するのです。

ああ、アメリカ様。