翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

仮想通貨投資劇場:【2018/1/25更新】情報に振り回されないために

f:id:touzou:20171230125828p:plain

こんばんは!!

仮想通貨投資劇場です^^

 

本日日本時間23時ごろ、Weiss Ratingというアメリカの大手格付け機関が仮想通貨の格付けを発表するとのことで話題になっています。

 

hmmmm

格付けですね。

 

今回その対象となったのは以下12通貨です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・カルダノ(ADA)
・ネム(NEM)
・ライトコイン(LTC)
・ステラ(XLM)
・イオス(EOS)
・トロン(TRX)
・モネロ(XMR)
・ビットコインゴールド(BTG)

 

 

仮想通貨における格付けというのは今回初めて行われますし、これまではそうした指標が存在しなかったこともあって注目されています。

 

 

そこでこの格付け会社のことを少し調べましたところ

ランクの

 

A~B は"買い"

C    は"保持"

それ以下は"売り"

 

としているようですね。

 

 投資家が、賢明な意思決定をできるようその支援を目指す

 ことが目的のようですが果たして。

 

・リスク指数
・収益指数
・テクノロジー指数
・採択指数

 

これら4つの基準から算段してランクを決定しますが。

 

私は正直、どうでも良いと思ってしまいます。

 

 

なぜか。

・ランキングなんかいくらでも好きなように変更できる(だろう)

・会社の様々な裏事情によっては一般投資家の思惑と大幅に乖離する(だろう)

 

と考えるからです。

 

 

しかしこの格付けは、興味があろうとなかろうと、これからの投資と通貨の価格に大きく作用することは間違いありません。

新規参入の方やまだ始めていない方にとっては、大手の格付けというのは安心できる指標になるだろうからです。

 

 

ここで注意しなければならないのは、どんな思惑が働いているのかを読み取らなければならないということ。

そして、ここで行われる格付けが正しいものではないということ。

 

 

 簡単なところでは。

 

意図的に低いランク付けをして

価格を下げさせてから

機関投資家が大きく買い上げて

それに一般投資家を追従させて

頃合いを見て売り抜ける

 

こうしたシナリオも十分予想できます。

 

ただ、今後の格付けに対する評判や信頼を踏まえると、今回初の格付けにおいてあまり目立った動きはさせない可能性もあります。

 

 

大口の投資家や機関投資家による操作は可能です。簡単に。

彼らの作る波には上手く乗り、流されないようにはしたいところです。

 

 

*格付け会社は盲信してはいけない*

最後に、注意です。

ムーディーズ

S&P

こちらも格付け会社の大手ですが。

サブプライムローンの問題で、過去に”戦犯”とまで呼ばれていました。

 

後にかなりの焦げ付きを生み出したサブプライム関連商品を高いランクに格付けして値段を吊り上げ、投資家の購入を誘っていたと。

 

 

そして、サブプライムローン問題が大きくなると今度は”格下げ”の評価

サブプライム関連商品について、「大丈夫だと思っていたんだよね(゚∀゚)」などとコメント。

 

 

これが格付け会社の実態です。あまりにもお粗末。

いったいこれでどれほどの投資家が泣いたことか。

こんなの信用なりませんよね。

 

 

もし、今夜の格付けを見て通貨の購入を検討する人がいたならば。

こうした歴史を思い出してください。

そして、自分でしっかりと情報を集めた上で投資してください。

 

 

このサブプライムのことは忘れてはいけません。

私は格付けとはこういうものだと考えます。

儲けるところが儲けるようになっている。

 

読み合いです。

読んで読んで、読んで。

でないと最終的に勝てませんよね。

 

難しいです。

もうやめちまえ!(やめない)

 

2018/1/25追記

格付け発表の24日23時。

荒れましたね~~~~~www

 

なんと、ガセ情報が2,3個も流れてきました。

これには驚きと呆れが隠せません。

 

なんだかこう、モラルが低いですよね常に。

ICOの詐欺しかりこうしたイベント時のガセしかり。

ICOは今のところ、出回っているものの内2つは詐欺だと把握してます。

臭いです。

しかしこうしたところにもお金を入れてしまう人がいることもまた現実。

むむむ。

これだから仮想通貨はうんぬんと言われてしまうのです。

 

さて、格付けの結果ですが。

もろに影響を受けたのは

 

リップル、イーサリアム

 

この2つでした。

 

リップルは、投資家の期待とは裏腹に低ランク。C

→がた落ち。

 

イーサリアムは、投資家の期待通り。B

→伸び伸び

 

今回A評価はありませんでした。

ビットコインはC。 まあ、妥当ですね。

 

私が推しているトロンはというと・・・

( ^ω^)・・・

どこに行った・・・??

 

リストには載ってませんでした笑(なんとまあ)

 

もう一つの推しであるADA

これはなんとB-

なかなか良いですね。

 

まあしかし、当てにはなりませんが。

だがしかし、なかなか現実を突いているような気もします。

 

今回はそんなところでした。