翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

「こんなのやめた方がいいよ」と言いながらタバコを売るタバコ屋のおばちゃん

昨日、半年ぶりにタバコを買った。

 

私「じーーー。(どれにしようかな)」

おばちゃん「??」

「あ、半年ぶりなんでどれにしようか悩んでます。」

「あら、せっかくやめたのにまた吸うの。良くないわよ。」

「喫煙されないのですか?」

「しないわよ。吸う時間もないし。」

 

                          

不思議なことのようで、不思議ではない。

今の場所で、おばちゃんがタバコを売り続ける理由。

 

それは、仕入れれば売れるから。それだけ。

それだけだが、店を経営するには十分な理由だ。

 

自分が吸わなくとも、タバコをどう思おうとも、関係ない。

欲しがる人に売ることで、利益が出るのだから。

 

 

作れば、仕入れれば、売れる。

需要があれば。どんなものでも。

 

 

 

しかしその一方で、どんなに情熱を込めて作ったモノでも

自分が心から薦められるモノでも

売れないモノは売れない。

 

値段のつけられないほどに美しい宝石もあれば

値段のつけられないほどに無価値なモノもある

そして時にはゴミにも価値がつく。時には。

 

 

タバコ屋のおばちゃんは、消費者思いの正直な商人であった。

 

                       

某大手ハンバーガーチェーンmでかつて働いていた友人も、同じようなことを言っていた。

「みんなおいしそうに食べているけど、自分じゃ食べないよ。」と。

これはこれでまた一つの真実DA☆

f:id:touzou:20171207132523p:plain