仮想通貨投資劇場:google検索からここへ来られた方へ

f:id:touzou:20171230125828p:plain



 

仮想通貨投資劇場です。

本日第二幕です。

つまり、それほど人気記事となっております。はい。

 

私のこのブログのアクセス解析をしたところ、いつのまにかGoogle検索からのアクセスが1位となっていました!

 

f:id:touzou:20171223203831p:plain

そして上位6位までを仮想通貨投資劇場が占めると。 

いやぁ~~~。 ありがとうございます_(:3」∠)_

 

 まあ、ここ、メインはコーヒーのブログなのですが(笑)

 

しかしそれだけ仮想通貨投資にも、投資劇場にも関心が向けられてきているということで、それはとても嬉しいのです。(^ω^)

 

ただ、ひとつ気を付けていただきたいことがあります。

それは、養分になってしまわないこと。

 

私のこのブログに来てくださった方は、きっと仮想通貨初心者の方が多いように思います。

せっかくですから、昨日の出来事の紹介から何かを学んでいってください。

 

 

来た来た大暴落!阿鼻叫喚:悲鳴の奏

こちらのスクショをご覧くださいませ。

f:id:touzou:20171223211519j:plain

 

f:id:touzou:20171223211526j:plain

 

f:id:touzou:20171223211523j:plain

 

 いかがでしょうか!?

メジャー銘柄だとrippleを除き、ぜんぶ真っ赤ですねぇ~~♪

 

私ももちろん、この被害を受けてます。

しかしこれまでに鍛えられた鋼のメンタルのおかげで、何食わぬ顔で仕事をしていましたw

 

そうです、これはそんなに深刻に捉えるべきものではなかった。

さらに言えば、これをもって仮想通貨の終わりだなんて考えてしまってはいけなかった。

こう言うことができます。

 

この大暴落はなぜ起きた?

 今回もこれまでの例に漏れず、様々な要因が考えられています。

しかし、どれをとってみても裏付けが弱かったり、ソースがなかったりして決定打はこれだ、と言えるものがないというのが実情です。

 

ただ、そのなかで一つ言えることがあるとすれば、それは

昨日までの相場が、よく出来過ぎていた。

ということ。

 

正直に言って、誰が何を買っても儲かる相場でした。

適当に選んで、適当に投資して。

おっ!上がってるじゃん!!!(^^)!

と。

 

ここ最近は仮想通貨のメディア露出が急激に大きくなっていましたからね。

特に、コインチェックの出川氏起用のCMは絶大な効果をもたらしたようです。

 

そしてそこに重なるこの時期の賞与。ボーナス収入ですね。

「さて、仮想通貨でも買ってみようかな」

こうした方、絶対いらっしゃいますよね。

 

こうして、相場に新規マネーが続々と投入された結果、何が起きたか。

 

まずは見た目で安心できる通貨が買われました。

つまり、価格が相対的に安い通貨です。

コインチェックに関しては、これはxrpとxemですね。

 

さらにこれらは、価格の安さだけでなくその中身もかなり有力なものでありますから、投資対象としては申し分ないものでした。

 

となれば、ここにまず資金が投入されますね。

実際、これらはこの上がり相場で最初に高騰した通貨でした。

 

そんなこんなで、特にコインチェックで取り扱いのある通貨は軒並み上昇していきました。

ここで、すでに参入していた投資家は不信感を持ち始めたのです。

「やばい。これは上がり過ぎだ。」と。

 

 

この感覚が辺りに漂い始めたのが、3、4日前からでしょうか。

 

何を引き金とするかはわからないが、この相場が永遠に続くわけがない。

必ず一度ここは崩れる。

こうしたことは、ツイッターを始め多くのコミュニティで囁かれていました。

 

 

また、この上がり相場を「気持ち悪い」と表現する人もいました。

いつか落ちるはずなのに、ぜんぜん来ない。

もどかしい気持ちだったわけです。

 

 

そしてついに昨日。

突如やってきました。

私も、これを受けてようやく夢から目が覚めたような感じでした。

 

悲鳴のなか、どう行動するか

これが、非常に大事なのです。

養分になってしまわないために。

 

 

先ほど述べましたが、すでに参入している人たちは新規の方がとるであろう行動を事前に予測していました。

そして、次のような行動をとっていました。

 

仮想通貨のメディア露出が増え、新規マネーが来るとしたらどこに来るか、というところから逆算し、その下準備を整えるということ。

 

つまり、新規の方が最初に買うであろうxemやxrpは

すでに安値で仕込まれた後

だったのです。

 

そこに、新規マネーが乗っかってくる。

通貨の価格がみるみる上がる。

ウハウハですよね、もう。

読みが当たったという優越感と勝利の宴です。

 

ツイッターでは実際に何人もそうした人を見ました。

 

 

そして。

そこに昨日の大暴落が来たわけです。

おそらく、新規の方の多くは買値よりも下がってしまった価格を見て、慌てて売ってしまったことでしょう。。。

 

しかし!!

それは投資で一番やってはいけないことなのです。

これを狼狽売りと言います。

テクニックの損切りとはまったくの別物です。

 

 

初心者の人が高値で買って、安値で売る。

これ、誰が得しますか???

みなさんより安く仕込んで、大暴落においても

「ああまた来たなこれ。」と笑顔で耐えている人たちです。

 

 

彼らが、みなさんが手放してしまった通貨をまた安く仕込むことになるのです。

結果、狼狽売りはお金を運んでくれる「養分」と呼ばれてしまいます。

 

そして今日。傷跡はどうなった??

 

f:id:touzou:20171223214819j:plain

f:id:touzou:20171223214822j:plain

 

これ、12/23 21:30現在の価格一覧です。

どうでしょう??

また戻していますね。

 

よく言われますが、仮想通貨はジェットコースターなんです。

一気に上がるときもあれば、下がるときもある。

だから、大切なことは相場に振り回されないこと。

 

しっかりと開発されていて、中身があり、投資家の評価を得ている通貨の価格は、戻ってくるのです。

昨日の通貨軒並み大暴落もそうですが、別に仮想通貨の存在が否定されたわけではないのです。

 

相場全体に漂っていた、上がり過ぎに対する不信感。

これに様々な要因が引き金となって起こった、ある種の事故のようなもの。

 

 

なかには、「ほらみろ!仮想通貨はバブルだったんだ!!」

と大声で叫んでいた人もいましたが、きっと今ごろ顔から火を出しているんじゃないでしょうか。ぷぷぷ_(:3」∠)_

 

仮想通貨がバブルだとか、snsの成長がバブルでなかったようにこの仮想通貨にもバブルなんて表現は当てはまらないと言う人

色々な考えの人がいますが、昨日のこれをバブルの崩壊といってしまうのは勉強不足ですよね。

 

まとめ

私は、仮想通貨がもたらしてくれる未来にかなり期待しています。

そして、この黎明期に若くして生きていることに嬉しさを感じています。

 

今でこそ投機市場となっていますが、実需を伴い始めてきているいま、あちこちでワクワクするようなことがいくつも生み出されています。

 

この時代を、楽しみましょう。

そしてそのためにも、決して養分にはなってしまわないように注意しましょう。

ともにこの相場を生き残りましょう。

 

それでは!

 

f:id:touzou:20171207132523p:plain