???「コーヒー?いったいそいつは何者なんだ!?」

コーヒーとは、いったい何者なんでしょうか!?

 

f:id:touzou:20171207132523p:plain

あいつ、見た目は悪ぶって見えるけど。本当はいいやつなんだ。

 

 

2

「コーヒー??ああ、うちの労働者のことかな。

 文句も言わず、よくやってくれてるよ」

 コーヒーを口にし、体内に流し込んだベートーベンはかく語りき。

 

 

「さあ希望の朝だ!立ち上がれ友よ!我らの野望の為に!!」

朝。ベッドから出れずにうずうずしている私に、語り掛けてくる。

 戦友。大好き。

 

 

4

どんっ!!!ズンズンズン!!

「バルザーーーーーーーーック!! 助太刀いたすぞ!!!」

フランスの大文豪 バルザックに加勢する無敵の騎士団。

 

 

5

「なんでコーヒーが黒いかって??

いいかい。黒という色はすべての色の総合色なんだ。

君の好きな青や赤、緑だって、みんな入ってる。」

 

酸いも甘いも、みんなみんな。

 

 

6

「世界で最も美しい黒はー。

最も美しい色の数々の集まりである。」

 

美しく素敵な黒へ。

 

7

「コーヒーは悪魔でもあり天使でもある。

両極を持てる奴ってのはつまりー天才ってことだ。」

 

時と場合。

 

 

8

「まずいコーヒーは、毒だ。よし。あいつに飲ませよう。」

 

合法毒薬。

 

 

9

「自分に野心があるかどうかって??

美味いコーヒーに聞いてごらん。飲んだら分かる。」

 

反応したら、脈あり。

 

 

10

「美味いコーヒーは、

身体の中に入った瞬間、あなたの血液と調和する。」

 

スーッと。ほら。

 

 

11

「コーヒーを追いかけるなら、宇宙旅行に出掛けるつもりでいないとな。

飛んでいっちまうぜ」

 

コーヒーを理解するために。

目を向けるのは宇宙。

 

 

12

「この世に縁結びの神様がいるとするなら、その始祖の名前はコーヒー。」 

きっと。きっと。

 

 

13

「砂糖とのマリアージュがこれほど似合う男はそういない。」

時には甘くていいのよ。