翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

仮想通貨投資劇場:バブルは、まだ来ていない・・・??しかしビットコインは暴騰暴落を繰り返す

仮想通貨投資劇場、支配人のtouzouです。

ここ数日、ちょっと盛り上がりが落ち着いてきたのかなという印象を持つこの界隈。

 

先日、私が以下の記事をアップしましたが、

 

www.tobiagattasakana.work

 

なんだか、仮想通貨界においては

 

「バブル」

はまだ来ていない。

 

と見るのが、正しい見解のようです。

 

ただ、ここ最近の相場の変動は凄まじいものでした。

 

 

 

 

ビットコイン(BTC)の暴落

f:id:touzou:20171203115521p:plain

 

これは、ZAIF取引所におけるビットコインのチャートです。

 

右端のところ、11月30日

ものすごく大きな暴落が起きています。

 

最高値130万円を記録したあたりからの、100万円前半への下落。

とんでもない変動です。

 

ちなみに、この時間は朝方の4時ごろ。

ちょうど日本人がすやすや寝ている頃です。

 

んん???

 

そうです、狙われていたのです。われわれのお金が。

海外の大きな投資家。きっと、機関投資家に。

 

 

ビットコインはこの時期、日本円による買いが大きな比率を占めていました。

さらに、チャートの通りここまでの値動きは上昇一本線。

多くの投資家が

「まだまだ上がるだろう」

と、信用買いを積み重ねていったのです。

 

ツイッターを見ていても、ビットコインのこの動きに対して

 

ビットコインしか知らない新規参入者がどんどん買っているんだろう。

先物取引の発表で値上がりしているんだろう。

いま、買っておかないと置いてかれるぜ!

乗るしかない、このビッグウェーブに!!

 

 

というような感じの、今は買っておけばそれだけで大丈夫という安心感が場の空気を支配していました。

 

しかし、当然その一方で

この上がり方はおかしい。

こんなチャートは見たことがない。

やばいぜ。一波乱あるぜ。

 

 

と、状況を危惧する人もいました。

そんななかで起きたこの暴落劇。

 

 

信用売買の注文ががどれほど入っているのか

そこに日本円がどれほどつぎ込まれているのか

というのは誰でも簡単に調べることができるんですよね。

 

 

だから、この日本円を刈り取り、自分に有利なように相場を動かすために必要なことは

 

日本人が寝ている間に

多額の資金でチャートを操作すればいい。

 

ということになるわけです。

 

こうすれば、日本人の信用買いの注文は強制ロスカットされ、操作している側は

ウハウハ~

となるわけです。

 

 

恐ろしいですが、これが相場の怖さなんだと痛感しました。

幸い、私は今回は巻き込まれずに済みましたが。

 

 

ビットコインに巻き込まれるアルトコイン群

私はビットコインの投資はやめていたため、ビットコインによる直接の損失は免れました。が

 

ビットコインというのは本当に厄介、というかもう

邪魔

でしかないのです。

 

 

というのも、ビットコインの値動きにはアルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)の相場がつられて動かされてしまうからです。

 

f:id:touzou:20171203121325p:plain

こちらは、先のビットコインと同時期のイーサリアム(ETH)のチャートです。

笑えないくらいに、ビットコインと連動していますね。

 

 

こちらも30日までは上がり調子だったところが、30日を境にして一気に下落しています。

 

 

イーサリアムはアルトコインを代表する通貨です。

そして、ビットコインよりもその性能面、実用面において比較対象にならないほどに優れています。

にも関わらず、やはりまだまだ依然として王者ビットコインには左右されてしまうこの悔しさ!!

 

 

イーサリアムに限らず、ネム(NEM)やモナ(MONA)、その他あらゆるアルトコインの性能はビットコインに勝ります。

 

だから、もうビットコインなんかにいちいちついていってくれるな( ^ω^)・・・

と言いたいのですが、

 

やはり知名度ナンバーワンですからね。

普通、ビットコインから買い始めますよね。

しかも、1枚120万円を超えてますからね。(29/12/3 12:20現在)

 

そりゃー強いですわ。

 

 

振り下ろせ光の剣 ビットコインキャッシュ!!

先日、この記事で紹介しましたビットコインキャッシュ(BCH)

 

www.tobiagattasakana.work

 

最近、

ドラゴンスレイヤー

と呼ばれています。

f:id:touzou:20171203122330j:plain

Amazonより

イメージはこんな感じ・・笑

 

 

大きくなりすぎた龍を、倒しにいくんですね。

ビットコインキャッシュはビットコインから生まれた兄弟のようなものなんですが、その弟のほうが優秀かつ内情がクリーン。

 

 

一方ビットコインは、性能が低い上に内情がとってもダーク。

汚い話がぽろぽろこぼれ落ちてくる。

 

 

 

そんな兄を、悲しみの感情の葛藤と戦いながら倒しにいくと。

こんな話、たくさんありそうですよね。

 

 

実際、今日までにビットコインキャッシュは何度もその剣を抜こうとしています。

その動きは、チャートによく現れていました。

 

 

しかし、、できなかった。

「兄さんっ!

僕は、・・・僕はっ!!!!!」

 

 

「仮想通貨界の未来のために、あなたを倒しますっ!!!」

 

苦しみに打ち克ったとき、仮想通貨界の変革をもたらす正義の剣が振り下ろされるのでしょう。

 

 

 

ビットコインとビットコインキャッシュ

それぞれの開発者の思惑の対立。

いつまで続くのか。

そして勝つのはどちらか。

 

その答え合わせは、遅くとも来年の春にはきっとできるでしょう。

乞うご期待ですね!!