翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

京都ウィンディコーヒー見習い19日目:実践!!焙煎教室

自家焙煎珈琲店 Windy-ウィンディ
 
京都は東山区にあります。

最寄り駅は京阪線の清水五条駅。

知る人ぞ知る、京都の名店です。
                             
先日、17日目の記事にてお伝えしましたが、ウィンディマスターによるコーヒー豆焙煎教室を受講しました!!
 

f:id:touzou:20171017003433j:plain

1.焙煎

f:id:touzou:20171130182032g:plain

 
こちらの焙煎機は、フジローヤルロースターR101
マスターの愛機。
40年もの長い間、ともにコーヒーの世界を作り上げてきた名機です。
 
 現在の最新モデルと比較すれば、付属していないオプションもありますが関係ありませんね。
マスターがこれまで培ってきた職人の力量は、他のどんなにすごいオプションをも凌ぐのです。
 
 
さて、今回私が挑戦した豆はブラジル。
酸味と苦みの調和がとてもよくとれている種類。
そのため、ブレンドコーヒーの素材としてよく用いられます。
 
 
 
 
ブラジルを300g。
加熱した焙煎機の窯に入れていきます。
 
だんだんと排気がでてきて、コーヒーの良い香りが空間を満たし・・・なんですが、写真撮っておけばよかったです( ;∀;)
こういうとき、写真をとる習慣がないとすっかり忘れてしまう。
 
 
 
 
・・・
はいっ!焙煎完了しました!!!(写真がなくて伝わりにくいので省略( ノД`)シクシク…
 
 
ちょっとだけ、ちょっとだけ窯から取り出すタイミングが遅れてしまった。
このちょっと、どれくらいの”ちょっと”でしょうか。
10秒に満たないです。
5秒でもないです。
3秒??いや、2秒???
・・・
コンマ??
 
そうなんです、なんだか短距離の陸上競技をやっているような。
投資でもこんな状況よくありますね。
 
 
私は今回、1秒ほど遅くなってしまいました。
マスターは、この誤差が出たとしてもコンマ数秒の範囲で抑えます。
 
マスターが保管しておられるサンプルと比較してみると、ほんの少しだけ深煎りになったことがよくわかります(写真!!!)
 

2.冷却

焙煎機の窯から取り出したコーヒー豆は、すぐに熱を冷まします。
ここ、急がないとコーヒー豆内部の余熱によってますます深煎りになってしまうんです。
 
扇風機を利用しながら、手でかき回して熱を冷ましていきます。
 
 
 

3.ハンドピック

冷却が終われば、次はハンドピックです。

コーヒー豆はどんなに状態のよいものを仕入れても、その中には欠点豆とされるものが含まれています。

 

欠点豆とは、

  • 欠けている
  • 空洞がある
  • 変形している
  • 虫食い
  • 未成熟

などが挙げられます。

 

これらを、ひとつひとつ手で取り除いていきます。

 

4.試飲

さあ、これでいよいよ試飲です。

マスターの点て方で、このブラジルを点てました。

 

さて、その味の評価は・・・?????

 

「美味しいですよ」とマスター。

 

(^ω^)

 

嬉しいです!!!!!

 

香りもよく、ブラジルの良さが引き出されているとのことでした。

確かに、少し深くなってしまったがこの苦みはこれで美味しい。

ただ、もうコンマ数秒遅かったらなにかこの苦みが悪い意味で主張してしまったかもしれないね。

と。

 

個人的にも、このブラジルは少しだけでも深く煎られていることでキリっとした苦みと香ばしさが表現できたのかなと思い、満足した結果にすることができました。

 

 

5.2日後にもういちど試飲

コーヒー豆というのは、焙煎したてが一番美味しいというわけではないんですよね。

少し寝かせてあげることで、よりコクが出てくる美味しい飲み物となります。

 

 

ということで、2日後の今日。

目覚ましコーヒーに飲みました。

 

保存ビンの蓋を開けると、んん~~なんとも香ばしい。

期待値を高めて、点ててみました。

 

ああ~~~~~いいっ!!いいよ!!

やはりマスターのおっしゃる通り。

少し寝かせたおかげで、焙煎したてのものよりもコクとまろやかさが味わえました。

コーヒーは美味しいですね~~~!!

 

 

眠たい両目をごしごしこすっているお寝坊さんにも少し飲んでもらいました。

「うん。おいしい。」と。

はい。今日も頑張りましょうと送り出しました。

 

まとめ

京都でコーヒー豆の焙煎を本格的に、かつ親身な職人に教わりたい。

そんな方にはウィンディをおすすめさせていただきます。

 

料金は5000円ですが、

  • 素材良し
  • 道具良し
  • 職人の技術良し
  • マンツーマン
  • 焙煎後は、メニューのほとんどのメニューを自由に点てさせてもらえる
  • 焙煎したコーヒー豆のお持ち帰り

こんなにも魅力的な焙煎教室です。

 

いまでは大手のところも色々な教室を展開していますが、やはり何十年もの間研究し続け、試行錯誤を繰り返してこられたマスターから学べるものは、価値があるものです。

 

コーヒーがお好きな方でしたら、一度でも実際に経験してみるといいのではないかと思います。

 

なんだか、結局のところ宣伝になってしまったような。笑

いや別にこれは宣伝でもなんでもない、ただの見習い日記です!

美味しいコーヒーのある豊かな生活を送りましょう!!