翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

京都ウィンディコーヒー見習い18日目:マスターのもとに集まる良縁

 
自家焙煎珈琲店 Windy-ウィンディ
 
京都は東山区にあります。

最寄り駅は京阪線の清水五条駅。

知る人ぞ知る、京都の名店です。
 
                                
 

f:id:touzou:20171017003433j:plain

 
18日目の今日は、14時からお邪魔しました。
階段を上がってお店に入ると、なにやら会話が盛り上がっています。
 
お客さんとマスターが楽しそうにお話しされていました。
早速、私もそこに混ぜてもらうことに。
 
 
お客さんの一人は、和歌山で喫茶店を始められた方でした。
この方も、マスターのコーヒーに惚れ込んでいらして、焙煎教室に参加された経験をお持ちでした。
 
今日は、ご自分で焙煎されたコロンビアのコーヒー豆を持参されていましたので、マスターがネルで点てて試飲してみたところ、
「焙煎お上手ですね」とマスター。
 
これには、和歌山のマスターもとても喜ばれました。
私も少しいただきましたが、全くエグ味も雑味もなく、スッキリ透き通った、美味しいコーヒーでした。
 
こちらが、そのマスターの喫茶店です。
 
西八丁堀珈琲店
和歌山県田辺市秋津町166-14
0739-24-3030
とても情熱的に、コーヒーに取り組まれていらっしゃる方ですので興味を持たれた方はぜひ一度出かけてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
また、今日はそば粉を挽く石臼職人の方との出会いもありました。
この方はマスターと長い間親しくされている方であり、かねがねお話は伺っていたのでぜひお会いしたいと思っていたのです。
そこで、先日電話でお声かけしたところ、お店に足を運んでくださったのでした。
 
 
マスターからは、「とても誠実であり、情熱的であり、こんな方は滅多にいらっしゃらないよ」と伺っていたところでしたが、なるほど、まさにその通りの人物像をお持ちの方でありました。
 
 
実はこの方、これからなんとコーヒーの焙煎機を作成されるのです。
コーヒーの趣味と、職人としての技術の応用による新しい焙煎機の登場ですね。
私は焙煎機を持っておらず、ちょうど探しているところでしたので、すぐに購入することを決めました。気が早いのですがね笑
 
 
この職人さんとの話題は多岐にわたり、映画の話から哲学の話、音楽、生き方、それから仮想通貨の話まで。
良い喫茶店の空気は、こうした話題を馴染み深い友として店に住まわせているのではないでしょうか。
 
 
今日はその後もお客さんが見えて、美味しいコーヒー好きの集まる活気溢れる店として大いに盛り上がりました。
「美味しいコーヒーをわかってくれるお客さんが増えてきて、私は嬉しいです。」
と笑顔で今日を締めくくったマスターでした。
 
京都ウィンディの美味しいコーヒーは、人と人とを結ぶすばらしい仲介人です。