翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

仮想通貨投資劇場:仮想通貨病からの回復

おはようございます。。

今日も元気に仮想通貨投資劇場です。

 

と、言いたいところなのですが最近の私は

仮想通貨病を患っていました。

 

ん?????仮想通貨病???

 

はい、これはそうですね、ギャンブル依存症と同等のものかもしれません。

 

仮想通貨病の症状その1:相場変動が気になって仕方がないんです

仮想通貨って、休みがないんです。

株:前場 平日の朝9時から11時30分まで

  後場 平日の12時30分から15時まで

  土日祝、年末年始は休み

 

 

為替:月曜から金曜 土日は休み

 

と、株や為替には決められた休みがあります。

 

しかし、その一方仮想通貨は

 

毎日24時間オール取引OK!!

 

なのです。

だから、毎日毎日気になって仕方がない。

 

 

FXと同じように、

 

東京時間 ロンドン時間 NY時間

 

もかなり意識する必要があるため、その時間には特に注意を払います。

 

 

仮想通貨病の症状その2:暴騰暴落が怖いんです

気を抜くと、いつの間にか急騰していたり暴落していたり。

そんなことが毎日繰り返される。

ここ、大事です。

「毎日のように」ではなく、「毎日」なんです。

 

今日はこの通貨、昨日はあの通貨、というように毎日いろんなところで数十%幅の大きな値動きが頻発します。

 

 

となると、自分が持っている通貨が何も動きのない傍で

「あれ、どうしよっかな~。今はやめとくか」

なんて思ってた通貨がいきなり高騰したりする。

 

 

なんて機会損失だ・・・( ;∀;)

 

 

と嘆く日々。

 

仮想通貨病の症状その3:常に情報が欲しいんです

とにかく、情報を仕入れたい。

情報がなによりの商売道具。

だから、時間ができたときにはいつもツイッターを見てしまう。

 

ツイッター中毒ですね・・・。

 

 

株や為替ですと、新聞や四季報、テレビのニュースが役に立ちますが仮想通貨になると全然ダメ。

実際テレビでは、ビットコインの特徴として

f:id:touzou:20171128084803p:plain

こんな報道がされていたこともあるようですが、これを見たツイッター利用者の反応は

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwww( ^)o(^ )

 

です笑

 

ぜんぶウソ。

ウソというと語弊がありますが、事実として違います。

 

ビットコインは、

    • 送金が遅い
    • 手数料が高い
    • 国の情勢に大きく左右される

     

のです。

 

私からしても、よくこんなものを放送できたな・・・と思うところです。

 

 

私を含めて、多くの人はツイッターからの情報と公式の情報しか頼りにしません。

新聞やニュース、雑誌では到底間に合わない速さで動いている世界は、情報を得るにはそうするしかないのです。

 

ツイッターは便利なものの、見入ってしまうと危ういですね。

この世界が常識だと思うくらいに入り込むと痛い目を見ます。

 

仮想通貨病がもたらした悲劇:離婚

最近、ツイッターで流れてきましたが仮想通貨にどっぷり浸かった旦那さんがいました。

その方は、奥さんから呆れられ別れを告げられたそうです。

 

んん~わかる。わかるぞっ!!(; ・`д・´)

 

私も、何度も言われています。

「最近ぜんぜん会話をしてくれない」と。

それは、私が家ではパソコンに張り付いて相場の変動を眺めているからです。

 

いやあ~~~サルですね。

目の前にばら撒かれたお金を必死に拾いに群がるサル。

f:id:touzou:20171128091358j:plain

サルデス!!

 

 

 

仮想通貨病への処方箋

それでは、重症の患者さんにお薬をお出ししましょう。

はい、では、これを一日1錠飲んでくださいね。

うん、そう、ぐびっとね。

 

・・・なんてあればいいのですが、そうもいきません。

 

仮想通貨の世界で損する人というのは、

 

・常に相場を見張っている(貴重な時間の損失)

専業でない限り、そして実力が相当ない限りこれをしても稼ぐことはできません。

であれば、自分の仕事は仕事で集中した方が絶対にいい。

 

・自分が選んだ通貨を信用できずに、他に動きがあればすぐに飛び移ってしまう

(手数料の損失、最終的な機会の損失)

通貨の売買を繰り返せば、当然そのたびに手数料がかかります。

そして、少し動きがあったからといってそのたびに乗り換えていては、時間と体力の消耗とリスクの高さの割に合わない微小な利益しか生まれません。

 

高い利益を生む人は、ほとんどの人が見向きもしないうちに、安いうちに仕込んでおくものです。

そしてその通貨を信じて長期投資の態勢を整える。

こういう人が、結局は勝つのです。

 

 

自分をこうして客観的に見てみましょう!

というのが、処方箋ですね。

 

まとめ

これまでいろいろといじり倒してきましたが、そろそろ疲れてきましたし他にやりたいことがたくさんあるので、仮想通貨は少しペースダウンしようと思います。

みなさまにおかれましても、仮想通貨病にはくれぐれもお気を付けくださいませ。