翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

寒い日はやはり:コーヒーにウイスキーを垂らして

f:id:touzou:20171119214222j:plain
私が今住んでおります京都。
もうかなり冷え込んできました。
冬です。
冬の訪れです。

去年もこんなに寒かったっけ?
なんてことを考えながら今日も電車に乗り、JPYマイニング(=仕事)をしてきました。少し。90分だけ。
フリーライターとして出発してみたものの、文字単価が0.5円ほどの世界ではほとほと疲れてしまいます。
もっといい案件ないんかな。

ちょっと前までは0.3円で有難く仕事を引き受けてきた私ですから、一応ちょっとは収入が増えているのですね。
はい、コツコツ進めていきます。こつこつ。




今回のテーマは、コーヒーとウイスキー。
それに、ほんの少しのお砂糖。
これを飲めば凍えた心もほっかり温まる魔法の飲み物です。

昼間はウイスキー入れてなんか飲めないって??
そりゃあそれは、あなたが人に雇われているからですよー。
自分で仕事をしていれば、文句を言う人は誰もいないのですっ!!!(・`д・´)


こりゃあだめだ。
こんなことを書いていても読まれるわけがない。(笑)
まあ、いいんですいいんです。
ちょっとずつアクセスが伸びれば。

               
さあ、このコーヒーの作り方。
手順はいたって簡単です。

コーヒーを点てます。150ccくらい。
その1~2割くらいの分量でウイスキーを入れます。
お砂糖小さじ1杯を混ぜ合わせます。

完成



ああ素敵、こんなにも美味しく身体も心も温まるコーヒーがあったなんて!!

どうでしょう、美味しいでしょう???

ちなみに私は、このコーヒーに入れるウイスキーはマッカランです。
ダメですよ、適当なウイスキーで作っちゃ。
作り方はこれくらい適当で良くても、素材はケチっちゃいけません。

で、コーヒーは何かといいますと、これはもちろんそうです。
ウィンディのブレンドコーヒーに決まっています。

私のなかでは、ウィンディマスターのこのご自慢のコーヒーと
ウイスキー界のロールスロイスと呼ばれるこのマッカランが

ひじょーに、よく合う
と思います。

ええ、そうです。
つまりそうです。



ウィンディマスターのコーヒーは
コーヒー界のロールスロイス。
これに他なりません。


これは、こうじゃなきゃあいけないのです。

仮にこれが、髭のウイスキーだったら。
仮にこれが、かのシアトルのコーヒーだったら。




冬の空が余計白々しく映ることでしょう。
そんなんじゃ、仕事する気にもならないというものです。

ウィンディブレンド
マッカラン

ぜひぜひ、この幻のブレンドをお楽しみくださいませ。