翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

超私的:東京のおすすめ図書館5選とコーヒーの香りのするその周辺

f:id:touzou:20171209174930p:plain

 

喫茶店と図書館

コーヒーと図書館

ここにはふかーいふかーい関連性があります。

 

図書館で読書や勉強した後の休憩に、喫茶店行きたくなるじゃあないですか。

そこで!

私の主観おすすめ図書館とその近所の喫茶店を合わせて紹介します♪

 

 まずは東京から

 

 1.千代田区立千代田図書館

f:id:touzou:20171118123435g:plain

より引用

千代田区立千代田図書館のここがいい!

  • 快適さ
  • アクセスの良さ
  • ここでならやれる感
  • 同じ建物内にパン屋がある
  • トイレが綺麗

 

地下鉄東西線九段下駅からすぐの好立地にあります。

区役所に入り、エレベーターで上階へ。

エレベーターを降りるとすぐに図書館です。

 

少々狭い気もしますが、区役所内だということを考えるとこれでも広い方でしょうか。

館内はとても綺麗で、落ち着いた雰囲気です。

 

ここでは一般の図書のほかにマンガやCDも借りることができます。

 

また、区役所の1階にはパン屋さんがありますので食事に困らないという点もオススメですね!★

 

学生時代に九段下でアルバイトをしていたので、その帰りによくここに立ち寄って勉強していました。

 

お問い合わせ

千代田区立千代田図書館

電  話:03-5211-4289・4290(代表)

メール:chiyoda@library-chiyoda.jp

受付時間

平 日 午前 10 時から午後 10 時

土曜日 午前 10 時から午後7時

日曜日・祝日 午前 10 時から午後5時

第4日曜日休館

千代田区立千代田図書館 HPより

 

 

 千代田図書館:おすすめ喫茶店 カフェミエル

f:id:touzou:20171118125218g:plain

カフェミエル ---cafe miel---

カフェ ミエルHPより引用

 

カフェミエルです。

地下鉄東西線九段下駅を降りて武道館の方へ向かった場所にあります。

こちらはアンティークの調度品を数多く置いていて、その空間でゆっくりした時間を過ごすということだけでも行く価値があります。

 

私がここをオススメする理由もう一つのは、名物ミエルコーヒーにあります。

このコーヒーバターが乗った特別なコーヒーで、ハチミツを垂らしていただくのです。

想像するだけで、美味しそうな感じがしませんか。

 

バターが入るから油っぽくて胃もたれするんじゃないかなー

という心配は、これには無用でした。

やはりコーヒーをこのバターと合わせるために工夫されているのでしょう。

 

素敵な空間で、個性的かつ美味しいコーヒーをいただけます。

ランチやディナーもやっていますので幅広く利用できます。

 

〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目2−8 松岡九段ビル
日曜定休
土曜  11時30分~18時
月から金  9時~23時
 
電話: 03-3262-8878

カフェミエル ---cafe miel---

 

 

千代田図書館:おすすめ公園 北の丸公園

f:id:touzou:20171118130638g:plain

環境省HPより http://www.env.go.jp/index.html

九段下といえば、ここですよね!

千代田図書館からは目の前の道路を挟んですぐの所に入り口がありますので、アクセスは最高です。

皇居の北の丸地区に当たり、公園はお濠に囲まれています。

春の桜の季節や秋の紅葉の季節は要チェックです!

 

どこで借りられるのかは知りませんが、スワンボートに乗ることもできるようです。

 

武道館がありますので1年中人がたくさん集まるこの公園ですが、勉強や読書に疲れた時に散歩するにはちょうどいいのかと思います。

 

2.文京区立小石川図書館

f:id:touzou:20171118131523g:plain

小石川図書館案内 | 文京区立図書館 HPより引用

文京区立小石川図書館のここがいい!

  • 快適
  • 図書が充実している
  • 住宅街にあるため、全体的に落ち着いた雰囲気
  • レコードを借りられる
  • 石川啄木コーナーがある

 

最寄り駅は丸の内線茗荷谷駅。

ここは私が警察官だったころ、自転車でよく通っていました。

 

ここのポイントは、住宅街にあって落ち着いた雰囲気であるところとレコードが借りられるところですね!

いつ行っても良い意味で大人しく、地方の図書館といった感じですから気兼ねなく利用することができます。

 

また、文京区は石川啄木ゆかりの地であることから、石川啄木コーナーが常時設けられています。

ファンにはたまりません。(私は残念ながら違いますが)

 

開館時間              平日・土曜日:午前9時から午後9時まで

日曜日・祝日・12月29日:午前9時から午後7時まで

休館日    定期休館日(第3月曜日)・年末年始(12月30日~1月4日)・特別整理期間

(※第3月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館します。)

所在地    文京区小石川5-9-20

TEL       03-3814-6745

交通       地下鉄:丸の内線茗荷谷駅徒歩6分

都バス:小日向四丁目徒歩2分

B-ぐる:第一中学校徒歩2分

小石川図書館HPより

 

文京区立小石川図書館:おすすめカフェ レセンシエル

f:id:touzou:20171118133023g:plain

L'essentielle レセンシエル HPより

 

小石川図書館すぐ近くの、播磨坂沿いにあります。

播磨坂は桜の季節になるとたくさんの花見客で賑わいますね。

坂の中心に据えられた桜並木は見ものです。

 

このレセンシエルはすごくシャレたカフェです。

数回しか行ったことがありませんが、とても豊かな気分になれます。

勉強して疲れた身体にご褒美をどうぞ。

東京都文京区小石川4-16-7

03-6320-8669

 10:00-19:00

定休日 木曜日

 L'essentielle レセンシエル HPより

 

小石川図書館:おすすめ公園 竹早公園

 

おすすめといいますか、この図書館がそもそもこの竹早公園内の施設です笑

図書館すぐ隣にベンチのある公園があり、またテニスコートもあります。

 

落ち着けるかというと、あまりそうでもないと思いますので散歩には播磨坂をどうぞ。

 

 

3.アークヒルズライブラリー(会員制ライブラリー)

f:id:touzou:20171118134119g:plain

http://www.academyhills.com/library/ark/

より引用

アークヒルズライブラリーのここがすごい!

  • 洗練された空間
  • 蔵書数の少なさを補う質の高さ
  • 夜景を一望しながら勉強できる
  • トイレが綺麗
  • ここでならやれる感
  • 月会費9000円なるも、だからこそ本気で学びたい人が集う空間
  •  7時~24時までの驚異の営業時間
  • 無線LANが使える

来ました!東京の本命です!!!

最寄りは東京メトロ銀座線 溜池山王駅

 

ここはまさに、こんな図書館が欲しかったという願いが叶えられた場所と言えます。

はっきり、そう言えます。

 

というのも、公的な図書館というのは誰でも利用することができますよね。

当たり前ですが。

けれどそうなると、気になることが出てきます。

 

  • 時間によってはかなりうるさくなる
  • ただ暇つぶしのため、あるいは昼寝をするために席を利用する人がいる

 

子どもが多く利用する時間や子連れの人が来る場合

どうしても、静かとは言えない環境になります。

子どもを否定する訳ではありませんが、外で静かに勉強したい大人にとってはこうした環境はあまり適さない場面がありますよね。

 

 

また、せっかくの学習のスペースを昼寝のためだけに利用している人がいたり。

もちろんそれもそれでいいのですが、混雑時にはそのために読書や勉強が出来ない人が出てきてしまいます。

 

 

こうした公的な図書館が抱えがちな不満点を解消し、昇華させた図書館がここアークヒルズライブラリーなのです。

 

アークヒルズライブラリーは、街のカフェや従来の自習室にはない静かな環境、ゆったりとした座席の配置、全座席への電源完備、高速フリーWi-Fiなど環境の整った会員制ライブラリーです。都内23区の電源カフェより、上質な空間をご提供いたします。

 HPより

 

満20歳以上で、月会費9000円を払う意志がある人だけがここに集まります。

すると、それぞれの人は思い思いの時間を過ごしているにもかかわらず相互に刺激し合うような感じが生まれてくるのを体感しました。

 

職場以外にこうした知の刺激がある場所を持てるということは、自分の成長に大きく働いてくれたように思います。

そんなところです。

 

アークヒルズライブラリー

【所在地】
〒107-6037 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル37階
【開館時間】
7:00~24:00

 

 

 

アークヒルズライブラリー:おすすめカフェ アークヒルズカフェ

f:id:touzou:20171118140758g:plain

アークヒルズカフェ | アークヒルズ - ARK Hills

アークヒルズHPより

 

カラヤン広場にあるカフェです。

何度か利用しましたが、この場所にしてリーズナブルな値段でとても美味しくいただけました。

平日11:00~23:00/土10:00~23:00/日・祝11:00~23:00 
定休日:なし

03-6229-2666

アークヒルズカフェ | アークヒルズ - ARK Hills

 

 4.六本木ライブラリー

f:id:touzou:20171119122832j:plain

六本木ライブラリー アカデミーヒルズ

 

六本木ライブラリーのここがいい!!

  • 広い 開放感がある
  • 大人の知の空間
  • カフェスペースからは東京湾を一望できる
  • カフェスペースにアルコールも置いている
  • 「グレートブックスライブラリー」という空間のありがたさ
  • 蔵書の数、質が共に群を抜いている
  • ここでなら確実にやれる感
  • トイレが綺麗
  • 受付の女性がみな美人
  • 7時~24時の驚異の営業時間
  • 映画館、美術館が同じ施設内にある

 

これは!!

東京の大本命です(・`д・´)

東京で一番好きな場所はここです。

 

最寄り駅は都営地下鉄大江戸線「六本木駅」

 

 

アークヒルズライブラリーからの引っ越し

私は当初、上記のアークヒルズライブラリーで会員になりました。

で、そこで数か月ほど過ごしたのですがやはり気になる六本木。

 

警察の同僚(学習意欲がかなりある)と共に六本木へ見学に行ったのですね。

 

そして、驚きました。

 

あれ、同じお金払っててもこんな違うの(笑)

 

 

決め手1 蔵書の多さ

アークヒルズライブラリーは程よく狭いので、あちらの方が居心地の良さはあったのですが、私が一番気に留めたのは蔵書の多さ。

さらに、そのどれもがレベル高いものばかり。

古典から最新の本まで、雑誌も含めてずらりと品よく並べられているのですね。

それらすべて閲覧可能です。

 

 

しかも!!

全部1割引きで購入できる!!

私はここで何冊買ったかわかりません。

たくさんの良い本との出会いがありました。

 

決め手2 グレートブックスライブラリー

f:id:touzou:20171119121055j:plain

施 設 アカデミーヒルズ

ここ。

重い重い扉を開けると、しんと静まり返った空間があります。

 

四方を囲むのは世界中のありとあらゆる古典。

と、現代の良書。美術。音楽。

 

 

ネットで探しても全く見つからなかった本が、ここにひっそりと眠っていたり。

発見したときは感動しましたね。

しかも1割引きで買えるのですから。

「本当にこれ買ってしまっていいの??これ偽物じゃないよね??」

と疑ってしまうほどの興奮。

 

 

ここ、椅子も素晴らしいんです。

何時間座っていてもまったく疲れない。

さらに、出し入れ可能な簡易デスクまで付いている。

 

 

さらにさらに、各椅子の配置してある場所には電源まであるのですから!

 

 

言うことありません。

のんびりと本の世界に浸るときにはこれ以上ないくらいの空間なのです。

 

決め手3 酒が飲める(カフェスペース内)

f:id:touzou:20171119122816g:plain

施 設 アカデミーヒルズ

酒が飲める本屋はありますよ。けっこうどこでも。

けれど、酒が飲める図書館ってないでしょう。

 

ここなら、いつだって飲めるんですから。

いやあ、たまりませんね。

 

そして、一息ついたらまた勉強すると。

モチベーションうはうはですよ~♪

 

 

カフェスペースではコーヒーもありますし、軽食も扱っています。

外に出ることなく1日中館内で過ごすことができるのです。

 

                                 

ここならば、月に9000円払っても全く惜しくない。

そう思える環境が整っています。

 

東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

【開館時間】

7:00~24:00(最終入館23:00)

【お問い合わせ】

ライブラリー事務局(受付時間 平日10:00~19:00)

メールアドレス library@academyhills.com   電話 03-6406-6650

六本木ライブラリー アカデミーヒルズ

 

六本木ライブラリー おすすめ喫茶店 コーヒーたちばな

六本木にはお店がたくさんありますね。

シャレた店、美味しい店。

この「コーヒーたちばな」は、古くからある街の喫茶店です。

おじいさんが、丁寧にコーヒーを点ててくださいます。

どんな点て方だったか、味はどうだったのか。

残念ながら、あまりよく覚えていません。( ;∀;)

 

 

しかし、一つだけ忘れられないのはこのお店の雰囲気です。

六本木の街の喧騒に嫌気が差したそんなあなたを優しく迎えてくれます。

しずかーにしずかーに。

 

コーヒーゼリーを食べたような記憶も。

しかし、注文した覚えはない・・・。

 

 

あれ、タイムサービスかなにかでもらったんだっけ・・・???

紹介しておいていい加減な記憶ですみませんw

六本木で気兼ねなく一休みするには絶好の喫茶店です。

 

東京都港区六本木6丁目7−17

 03-6808-6277

月~金 12時~21時30分

土日祝 定休

 

 

 六本木ライブラリー:おすすめスポット 森美術館

これはもう、映画館と美術館でしょう。

いや映画館はともかく、美術館でしょう。

(ここで映画を見た時外国人のお客さんが多かったのですが、彼らが持ち込んだマックのポテトの匂いとここの映画館が強烈に結びついています。六本木で映画=マックポテトです。)

 

森美術館は、現代的で意欲的な展覧会を多く開催していますね。

芸術は心を休ませるもののようですから、勉強や読書で疲れたらここに立ち寄るのはアリですね!!

 

 

5.千代田区立日比谷図書文化館

http://hibiyal.jp/hibiya/about.html

日比谷図書文化館のここがいい!!

  • 広くて開放感がある
  • 蔵書の数が多い
  • 自習スペースがけっこう広い
  • 公的図書館のなかではずば抜けて環境がいい
  • 静かに落ち着いて勉強できる
  • 施設内にカフェPRONTが入ってる(電源あり 無線LANあり)

東京編の最後を締めくくりますのは、日比谷図書文化館です。

ここの図書館も、ただの図書館ではありませんね。

図書館を知の拠点として盛り上げていこうぜ!!

という意志がびんびん伝わってくる図書館です。

 

  • 月ごとに本の展示を入れ替えて、利用者が手に取りやすいように工夫する
  • イベントとして本の講座を開く
  • オペラ塾
  • 科学技術の講座(例 星とめぐる時間旅行 星のみらい ~星と科学技術)

 

こうしたイベントを毎月開催しているのです。

すごくないですか・・・!?

六本木ライブラリーに匹敵するレベルのことを、区立図書館が主体となってやっているのですよ。

 

こうしたものを見る時に改めて東京は良いなと感じます。

 

日比谷図書文化館
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
[開館時間]
月曜日〜金曜日/10:00〜22:00
土曜日/10:00〜19:00
日曜・祝日/10:00〜17:00
[休館日]
毎月第3月曜日、12月29日〜1月3日、特別整理期間

千代田区立日比谷図書文化館

 

 

日比谷図書文化館 おすすめカフェ PRONTO

ライブラリーショップ&カフェ日比谷

http://hibiyal.jp/hibiya/guide_11.html

はい。

まあここは普通のプロントです。

ちょっと違うのは、文具や本を売っているところ。

本は面白そうなものが揃っています。

 

日比谷は、公園とこの図書館くらいしか出掛けたことがないのです。

だから、ここです。

近いです。

 

自習できるスペースは充分すぎるくらい広く、電源もあり無線LANもあります。

 

日比谷図書文化館 おすすめ公園 日比谷公園

日比谷公園夏

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html

この公園は、まさに都会のオアシス!

普通の公園じゃないです。

  • レストラン
  • 音楽堂
  • テニスコート
  • ウエディング場 ??

があります。

とにかく、広い。

 

広いけれども、ちゃんと手入れが行き届いている。

そんな公園です。

 

イベントもたくさんやっています。

散歩するのにも打ってつけの公園ですね!

四季折々の風景を楽しむことができますよ。

 

                          

さてさて、東京編はこれにて終了です。

私の行動範囲からの推薦によるものですので、地域と視野にも偏りがあると思いますが、しかし。

 

きっときっと参考になるのではないかと思うのです。

他人の書いたこうしたブログは

「ふ~ん」

と読んで終わらせてしまいますが、自分が書いてみるとけっこう大変なものですね汗

疲れました。

 

また気力を取り戻しましたら、京都編に行きます。

京都ですよ!?

それではっ!