翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

仮想通貨投資劇場:仮想通貨を理解するために世界史を読み解く:お金ってそもそも何??

f:id:touzou:20171018102224j:plain

 

なぜいま、仮想通貨の理論が世界的にもてはやされているのか。

なぜいま、革新が起きているのか。

 

これを解き明かすカギは、歴史にあります。

そもそも、私たちが日ごろ利用している現在の基軸通貨(日本円、米ドル)はどうして今のような形になったのでしょうか。

さらに、それ以前に通貨とはいつどのようにできたのか。

 

ここを振り返ってみることが、これからの通貨の在り方を探るうえで必須な基礎力となることと思います。

 

 

 

お金の生まれるきっかけ

 

「お金」というものが生まれたのは、今から約4500年前のこと。

農耕民族が生まれたのは、約1万年前のこと。

ここに、5500年もの長い間の、お金のない時代があります。

 

その時代の人々は、何に価値を置いていたか。

それは、自分が手に入れることのできるもの。

 

 

人それぞれに能力が違ければ、土地によって手に入れられるものも違います。

だから人々は、それぞれに自分が手に入れたものを元手にして、欲しいものを持つもの同士が交換していた。

そのようにして必要なものを手に入れることで経済を回していました。

 

しかし、ここにはある不便な点があります。

それは、次のようなことです。

 

  • 自分の持っているものを誰が欲しがっているか分からない
  • 肉や魚、野菜は痛んだり腐ってしまうからいつまでも大量に持っているわけにはいかない
  • 手元に交換できるものが何もないとき(季節の変化や天候不良、不漁時)には必要なものがあったとしても手に入れることができない

 

 

これを解決してくれたのが、そうです。

お金です。

 

それまでの物々交換から、物をお金と交換するシステムが生まれたことによって、人々は

  • 欲しい時に欲しいものを手入れることができるように。
  • 物がたくさん手に入った時にはそれをお金に換えられるように。

社会が進展したのです。

 

                                   

コインの出現

さて、人々の社会システムに「お金」という概念が生まれました。

すると、人々はその象徴を作り始めます。

それが、コインです。

                              

ギリシャ アテネ(古代名 アテナイ)コインの夜明け

本格的なコインが流通し始めた都市。それが、ギリシャのアテネ。

紀元前600年前の頃です。

 

アテネといえば、この時代にかなり繁栄した大都市ですね。強力な都市国家でした。

それを示すのが、

 

哲学者プラトンが創建したアカデメイア

アリストテレスのリュケイオン

 

民主主義の始まりの都市としても知られるこの都市は、その後の世界史に多大な影響を与えました。

                             

アテネのコイン

そんな大都市であるアテネで生まれたのが、「アテネのコイン」

この他にもたくさんのコインが流通していたようですが、その中でもこのコインは、国際的に広く認められていました。

 なぜ??

いったい、その理由は何でしょうか。

                              

中央政府(権力)による価値の保証

 当時出回っていたコインは、主に銀で鋳造された銀貨でした。

しかし、この銀貨というのは純度がどの程度のものか、その重さはいくらか、という基準がバラバラであった。

さらに、コインが乱立された結果、人々は混乱した。

 

 

つまり、銀貨に対する信用が一様ではなく、みながみな疑いを持ちながら交換していた時代だったわけです。

 

 

そこに現れたアテネのコイン。

それまでのコインと異なる点がこちら

  • コインの発行元のアテネ(=中央政府)がその品質および価値を認めたものであった
  • フクロウの刻印が押されたこのコイン=アテネのコイン=安心して取引できる という構図が生まれた

 

こうして、政府お墨付きの硬貨が登場した社会では経済が向上し、生活が豊かなものへと変化しました。

 

しかし、そんなアテネもやがて衰退してしまいます。

                             

ローマ帝国の時代

ローマ帝国といえば地中海世界を牛耳り、世界帝国として覇権を示した大帝国ですね。

 

ギリシャが衰退した後は、ローマ帝国の時代となりました。

そこでも経済の主体はコインとなったのですが、ここで問題が起こります。

 

 

通貨は、信用がなければその価値を保持できません。

これはアテネのところで学びましたが、ローマではこの信用を無視したことが行われてしまいました。

 

ローマ帝国 コインの信用の失墜

経済発展に伴ってコインを大量に鋳造していましたが、資金面でついにそれに追いつかなくなってしまったローマ。

それを、「銀貨の純度を下げる」という方法で乗り越えようとした。

これなら、少ない資本でコインを鋳造できますよね。

しかし・・・

 

 

人々は政府が保証した、一定の純度を持つ銀貨を信用して取引をしていた。

→しかし、政府はそのコインの価値をどんどん下げた。

  なぜなら、初期のコインほどの純度を保つにはお金が足りなかったから。

→すると、初期のコインを持つ人と、後に発行された銀貨を持つ人の間で、同じコインを持ちながらも価値の差が発生することになってしまった。

 

誰もコインを信用できない時代へ逆戻り。ということになってしまいました・・・

( ;∀;)

 

 

 ここまでを、現代に当てはめてみると??

 今回は古代ギリシャから古代ローマ帝国までの歴史を振り返りましたが、もうこれだけでも十分かもしれません。

歴史は繰り返す。ということがよくお分かりになるだろうと思います。

 

 

私たちは政府が発行する基軸通貨のある時代に生まれています。

しかし、この時代の経済を俯瞰してみると、どうもこのシステムには解決すべき問題がありました。

 

  • 海外への送金手数料が高すぎる。
  • 海外の通貨とのやりとりが不便
  • 銀行口座を持てない人は通貨の送受金ができない
  • 銀行の「仲介」というものが煩雑すぎる

 

インターネットの大きな進歩によって世界がスピーディーに繋がるようになった社会。

その社会において、これらの問題点は解決されるべきものであった。

 

 

ここは、

物々交換で成立させる経済に問題が多くあった。

という時代に通じますよね。

今生きている社会の問題点を通貨で解決するのです。

                         

保証という問題。

ギリシャにおいても、ローマ帝国においても、そしてその後の世界においても、通貨の保証というものは政府が担っていて、そこに信用を見ていました。

 それは現代に引き継がれ、今日の通貨となっています。

 

さらにこれを未来に置き換えると、将来の基軸になるであろう仮想通貨の信用はブロックチェーン技術が担っています。

この技術による「分散型台帳」と呼ばれるものが不正をさせないように管理しているので、この通貨の信用はそこに生まれているのです。

 

 

しかし、新しいこの通貨は元祖であるビットコインのほかに1000種類ものコインが生まれています。

この歴史は、古代ローマに見てとれますね。

ローマにおいても、乱立されたコインは淘汰され、本当に価値のあるものだけが残りました。

 

現代はいま、ここにいます。

仮想通貨市場が盛り上がり、有象無象の情報が飛び回る。

乱立されるコイン。

それにまつわる儲け話。詐欺。

 

何が真実か

いったいどのコインを信用すればいいのか。

どのコインが価値を持つのか。

いまはまったく手探りな状況です。

そして、だからこそ、まだ仮想通貨に対して不信感を持っている人もいます。

 

 

 しかし、私はそうした人にこそ関心を持ってもらうために歴史を通して仮想通貨を紹介しました。

未来を読みたいなら、過去を読め。

どこかで教わったような気がします。

 

 

経済の歴史は繰り返されていて、ちょうどいまその新しい刷新の局面に立ち会っているのだ。

ということを知ってほしく思います。

 

コインのその後

やはり、ここで書いてしまいます。

コインはその後、みなさんご存知のように紙幣に移り変わりました。

銀製のコインから、ただの紙に、です。

 

この時代を生きた人たちは、いったいどんな心境だったでしょうか。

 

???

 

「こんな紙に価値があるものか!!」

でしょうか。

 

 

私は、思います。

きっと、彼らと現代の私たちは同じような気持ちなのではないでしょうか。

 

彼らが紙に対して抱いた不信感と、私たちが仮想の通貨に対して抱く不信感。

 

同じにしか見えません。

 

 

ちなみに、銀貨はその後どうなったでしょうか??

 

いま、銀貨を使っている人は

銀貨を通貨として発行している国は

 

存在するでしょうか???

 

 

しませんよね。

コレクションとしての価値は残ったものの、通貨としての価値は失いました。

 

歴史が繰り返され、更新されていくものであるなら

 

次に起こることはなんでしょうか。

 

 

現在の基軸通貨は過去の歴史となり、仮想通貨が主流となっていく。

 

スッキリ、できませんか。

 

 

 

もちろん、転換期の今は仮想通貨がとても危ないものに映ることでしょう。

みながよくわかっていないからこそ詐欺も出れば、損失も出ます。

 

しかし、生き残るためには変化を受け入れざるを得ない。

それはなにも通貨に限ったことではないはずです。

 

 

・・・ちょっと、熱くなってしまいました汗

 

 

私が言えることはひとまずここまでですが、もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたらこちらにご登録ください。

 

 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 仮想通貨を簡単に取引することができます。

 

私のおすすめは、断然Zaifです。

コインチェックは、取扱いコインが多いため一応載せておきます。