翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

中秋の名月:京都鴨川

今宵は中秋の名月です。

鴨川に座ってのんびりお月見をする予定ですが、月に関して色々と思い出しました。

 

中秋の名月とは、正確には「秋の真ん中に出る満月」を指し、簡単に言えば十五夜のことを言います。

そして、魔除けの力やその年の豊穣を願ってススキを飾ったり団子をいただくわけですね。

月と聞いて、こんな言葉を思い出しました。

出ずる月を待つべし 散る花を追うことなかれ

中根東里(なかね とうり 江戸中期の陽明学者)

散る花(=失った大切な人、モノ、時間などなど)をいつまでも追いかけるな。

そして、くよくよしなさんな。 光輝く月は必ずまた出てくる。

その月を待つ間の時間にどう生きるか。

それが大切なのだ。 こんなことを説いた言葉です。

大学時代にこの言葉と出会えたことは、幸せなことだったと思っています。

 

今宵の月のように

エレファントカシマシの楽曲

エレファントカシマシにとって初のドラマ主題歌タイアップした曲でもある。

くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙 いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ 俺もまた輝くだろう 今宵の月のように Uh… Ah… Ah…

うたまっぷより

 

こちらもまた、私が大学時代に出会えてよかったと思える作品。

ちょっと心がすさんだ男の主人公ですが、そんな男にも夜空に光る月は美しく見えるようです。 こんなくだらないおれも、そして世の中も明るく綺麗に照らし出してくれる月よ。 いつかおれもそんな月のようになるぞ。

と言っているのでしょうか。

 

デビュー30周年記念コンサート “さらにドーンと行くぜ!” 大阪城ホール【Blu-ray】 [ エレファントカシマシ ]

価格:5,670円
(2017/10/4 17:38時点)
感想(0件)

 

月をテーマに取った作品は前を向かせるものが多いのでしょうか。 今宵は月をのんびり眺めて、明日を生きる力をいただきます。