京都:鴨川で目撃情報多数!これはカピバラさんなのか_(:3」∠)_

f:id:touzou:20180817002614j:plain

 

京都:鴨川で目撃情報多数!これはカピバラさんなのか

 

 

京都:鴨川で遊ぶ

京都に来てそろそろ2年。(2018/9/10時点)

徒歩1分で鴨川!の好立地(?)に住んでいる。

2年を過ごしたことで、四季折々の鴨川を楽しむことができた。

 

 

の雪景色。

の桜。見事だった。散歩がこんなにも楽しいものかと思った。

は鴨川で寝る。

鴨川は一年を通して人々を楽しませてくれる。

 

 

夏は鴨川で寝るのだ。酔っぱらって。

友人と飲んだ帰りに、鴨川に涼みに来る。

ビールあるいはワインを片手に、飲みなおす。

誰かと一緒の時もあったが、そんなときは一緒に寝たのだった。

いつの間にか。気持ち良すぎて目を閉じてしまう。

だから、自発的に寝たというのはちょっと違うかもしれないけれど。

 

そして自然と目が覚め、帰るか、ということになる。

 

 

カピバラ発見!! 

そんな居心地の良い鴨川にカピバラが出るという噂を聞いたのは今年の初めくらいだったか。

泳いでいるのを見た。

草むらでごそごそやっているのを見た。

気がつくと世界は私とカピバラのようなその生物だけでした。

 

と、目撃情報が絶えない。

 

 

しかし、僕の前には一向に現れない彼らなのだから、

本当にいるのかと疑問に思ってしまう。

年中鴨川を歩いたり走ったりしている僕がなぜ会わないのだろうか。

不思議だな、こんなに会いたいと思っているのに。 

 

待ちぼうけをしてもう2年になってしまったので、調べてみることにした。

鴨川のカピバラを。

 

 

・・・('ω')

どうやらカピバラではない様子。

似ているが、違う。変な奴。

ええ、こいつカピバラさんじゃないの~???

 

実は。この彼。

 

名を

”ヌートリア”

という。( ..)φメモメモ

 

 

ヌートリアは外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)による侵略的外来生物に指定されています。

げっ歯目ヌートリア科で南アメリカ原産。

天敵がいない上に、年に2~3回(1回に2~6頭)出産し、爆発的に繁殖します。京都府

 

f:id:touzou:20180910221355j:plain

http://www.pref.kyoto.jp/shizen-kankyo/news/general/2012/5/documents/dscf3700.jpg

 

 

 なんだろう、この残念感は。

 

えっ、ちょっと、イメージと違うんだけど(';')

カピバラってさ、ニホンザルのように温泉(露天風呂)に一緒に入ってくれるようなイメージのあるカワイイ動物だよね??

 

確かに似てはいる。

そうなんだけれども、、、いっしょにいたいとは思わないねこの彼とは(えーん)

 

でも、こいつ食べられるらしいです。

中国では「海龍」と表記するのだとか。

これ、龍に見えるのか、、、中国人の眼には??ウソだろ、無理がありすぎるだろʅ(◞‿◟)ʃ

 

「ヌートリア 食べる」

 でググるとそれなりの情報が出ますので、気になる人はどうぞ!

 

ヌートリア 食べる - Google 検索

 

 

 

鴨川で見るカピバラは、実はヌートリアなんだよ!

あの、食べられるヌートリアなんだよ!!

 

と言ったところで誰も知らないヌートリア。

食べるものに困ったときにひょいっと現れてくれたら嬉しいヌートリア٩( ᐛ )و!

ああっ!タンパク質!! 

 

いや、やっぱ嬉しくない。

 

 鴨川にはトンビもいます。動物多数生息

そういえば、トンビに襲われたことがありました。

 

春の季節。

出町柳の、鴨川デルタと呼ばれるところでサンドイッチを食べていた時のこと。

京阪線出町柳駅を出てすぐのところです。

 

上空を旋回する何羽ものトンビを発見するも、あまり気にならず。

ああ、いるな~。

よくもまあ、あんなに鷹揚に飛べるよな。

なんて考えながら、サンドイッチの包装を取る。

 

と、

盗られた。

僕のサンドイッチ。

口元近くまで持っていったそのサンドイッチを。

 

奴らは監視していたのだ。

サンドイッチをいただく僕を。

まさか、木の陰に隠れている個体がいるとも思わなかったが。

注意不足だったか。

 

 

転げ落ちたサンドイッチはトンビにたかられ、瞬時に消えてしまった。

残ったのはその包装だけ。散らかっている。

 

 

あれ、片付けるのおれだよな、、、?

なんてこった"(-""-)"

 

 

トンビはせめてもの慰めか、僕を傷つけることはなかった。

絶妙なタイミングと位置取りがそれを可能にした。

 

ハンターとしての優秀さに、感嘆するほかなかった。

 

*追記

ここで食べていたサンドイッチは、京阪出町柳駅徒歩30秒のところにある【柳月堂】という名前のパン屋で購入した。

ここのパンはなかなか気に入っていて、特にカツサンドはおすすめ。

夜遅くまで空いているから、会社や学校帰りにも立ち寄れる。

 

また、2階は京都の誇る老舗名曲喫茶。

500円の入場料を払った先にあるのは立派なミュージックホール。

クラシック音楽に浸れるこの環境はとても心地よい。

 

カピバラ探しに疲れたらぜひ休憩を。

 

 

www.tobiagattasakana.work