翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

京都ウィンディコーヒー見習い2日目:ネルドリップ

自家焙煎珈琲店 Windy-ウィンディ

京都は東山区にあります。

最寄り駅は京阪線の清水五条駅。

知る人ぞ知る、京都の名店です。

                               

f:id:touzou:20171008112445j:plain

https://ameblo.jp/windyi/image-11628378518-12706014164.html

 

今日は、さっそく珈琲を点てさせていただいた。

以下、使用した道具

・手縫いのネル

・手製のスタンド

・カリタのポット

・カリタのウェーブポット

少しの練習の後に、ドリップ開始。 マスターに見守られながら。

 

・・・ 緊張した。 最初に行う蒸らしの作業が、うまくいかず。

豆がドーム状に膨らむはずが、でこぼこの丘となってしまった。

その後の工程はなんとなくうまく進んだのだろうか。

100mlを抽出し、終了。 マスターと試飲する。

 

「ああ、美味しいですね。」とマスター。

 

いや、違う、こんなのはマスターの珈琲と比べたら、と心の中で悔しく思う。

マスターは優しいからこう述べてくれたが、きっと違う。

けれど、何もバイアス無しに飲んでみると、客観的に美味しい珈琲のようには思えた。 それもそのはずであった。

マスターは言った。

 

「珈琲は、点てる作業は全体の1割かそれ以下。素材の良さと、焙煎で9割が決まるのです。」

 

 

なるほど。 だから私がうまくお湯を注げずともそれなりには美味くなるのだ。 すべてはマスターの技術の上にあった。

 

こちらはマスター愛用のポットです。

KALITA (カリタ) ステンレス製 ウェーブポット 1L(IH対応)(52073) 目安在庫=△

価格:4,880円
(2017/9/20 23:37時点)
感想(1件)

 

私も使っています。

刺しやすくて、とてもおすすめです。