翠凜堂[suirindou]コーヒーサロン

コーヒーとともに生き始めた人生。興味の膨れるところを、どんどん発信します!!

寝不足の少年が

寝不足の少年が

 

通りを歩く

 

せっせせっせ

 

働きに出る

 

カラスの群れとともに食事をし、

 

いつの日かのフクロウの出現を待つ

 

彼は戦った

 

火を絶やすな

 

フクロウに出会う唯一の条件を、

 

彼は知っていた

 

遠い日の夜明け

 

駈け出す少年が

 

声の響きは、歌声に似ている